Just Do It! (やってみなはれ)

練習日誌、読書感想、日々の出来事等々、雑多なテーマで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読了本No.37『口が覚える韓国語』 (+練習日誌)

今日はラン。

ノルマは10km、できればそれ以上の距離をペースは体調任せ(5分/km以内)で。

【本日の結果】
・総走行距離:15.3km
・総走行時間:1時間12分
・平均ペース:4分42秒/km


13km過ぎたあたりで疲れのせいだと思いますが、いきなり腰がガクッと落ちるような感覚が来て、そのあと走り続けるのに難儀しました。このガクッと来る感覚は久しぶり。

今回は先週末に20km走った時よりもキツかったです。ペースがキロ18秒も早かったので、まあ当たり前と言えばそうなんですが・・・。

しんどかったですが、ペースも結構良くて距離も15km走れたので満足です。


書名:口が覚える韓国語
著者:李美江


CD2枚付 口が覚える韓国語 スピーキング体得トレーニングCD2枚付 口が覚える韓国語 スピーキング体得トレーニング
(2010/12/20)
李 美江

商品詳細を見る

【感想】
韓国語の暗唱例文集です。中学や高校で嫌々やらされていた英文暗唱集みたいなものだと思ってもらえばよいです。

60のテーマ別に各10文が収められているので計600文を付属のCDも利用しながらひたすら覚えるように努めます。

同類のものとしては、以前紹介した『口を鍛える韓国語作文 (中級編)』がありますが、本書の方がカバーする表現の範囲が広く(というもの『口を鍛える・・・』の3分冊に対し本書は1冊だけという点から考えれば当然なのですが)、その代わり文法的な解説は殆どありません。そういう意味から言えばやや中級よりの初級向けと言えるかもしれません。

アマゾンのレビューではフォントが読みにくいということでしたが、自分はそれほどでもないと思いましたし、慣れてしまえばそれこそ全く気にならないんじゃないかと。


今日でやっと2回り終わったところ(3週間もかかった)。あと1週間かけてもう2回くらい繰り返せればと思っています。(図書館から借りたので期限が4週間なので。) ただこの程度の繰り返しでは到底暗記できていないはずなので、しばらく経ってまた忘れた頃に借りてきて再度繰り返そうかな、なんて考えています。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/11/11 21:47 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読了本No.36 『サラエボのチェリスト』 (+練習日誌)

今日もスイム。

今日はあまり疲れたくなかったので、インターバルトレーニングやバタフライ(他の3種目と違ってやっぱり疲れ方が違うのです。泳ぎ方に問題あるのかな?)は無しにして、気楽に。

とは言え、背泳ぎ(プルとコンビ各計500m)と平泳ぎ(コンビを計600m)中心なのはいつもどおりでした。

約2時間で計3000m

距離的には普段と同じでしたが、全て6、7割程度の負荷でしたので楽勝でした。


では読了本の紹介を。

書名:サラエボのチェリスト
著者:スティーヴン ギャロウェイ


サラエボのチェリストサラエボのチェリスト
(2009/01/22)
スティーヴン ギャロウェイ

商品詳細を見る

【感想】
セルビア人勢力の攻囲下にあったサラエボ。戦争犠牲者の鎮魂のために、ひとりのチェリストが統弾も恐れず、二二日間街路で“アルビノーニのアダージョ”の演奏を続けていた。無差別攻撃の恐怖に怯え、水や食料の欠乏に苦しむ生活を強いられる市民の耳に届いたチェロの音色は、はたして彼らに何をもたらしたのか?実話をもとに、極限状態におかれた人々の揺れ動く心を描きながら、「人はどこまで人として生きられるか?」「人はどれだけ美しく、誇り高く生きられるか?」という問いを真摯に追求し、世界各国で絶賛を浴びた感動作。(以上「BOOK」データベースより)

題材は良く、内容も文章も決して悪くないのですが、なぜか自分の中で響き渡るような何かを感じる事ができませんでした。加齢のせいで感受性が鈍磨してしまったのかもしれませんね。残念。

[タグ未指定]
[ 2014/11/06 17:57 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

読了本No.35『THINKING, FAST AND SLOW』 (+練習日誌)

まずは練習日誌。

今日はスイム。

内容は相変わらず、背泳ぎと平泳ぎが中心で、プルやコンビなど各計1000m。

バタフライは100mx1本と50mx2本の計200mだけ。

約2時間で計3800m。

コースが空いて泳ぎやすかったので、ついつい長居してしまいました。



書名:THINKING, FAST AND SLOW
著者:Daniel Kahneman


Thinking, Fast and SlowThinking, Fast and Slow
(2012/05/10)
Daniel Kahneman

商品詳細を見る

【感想】
1日5ページも読めばお腹一杯になってしまうような貧弱な英語スキルなので、読み終えるのに1年以上かかってしまいました。(本書のボリュームは400頁ちょっと。)

ノーベル経済学賞を受賞したカーネマン博士による、行動心理学の本。人が陥ってしまう認知バイアスには様々なものがあり、またそれらの力がいかに大きなものかを、この本は教えてくれています。

本書を読んだからと言って、様々な認知バイアスを避ける事はできないかもしれません。しかしそれらバイアスの存在を知って理解する事で、これから直面する様々な問題に対して、よりニュートラルな正しい判断ができるようになることも可能でしょう。そういう意味では本書は、なかなか実用的な、”使える”本ではないかと思いました。

学者の本としてはかなり平易な文章ではないかと思いますが、あまり馴染みの無い語句が結構出てくるのは本の性質上、仕方が無いところかな。

邦訳もあるので、内容に興味がある方はそちらで読むのもアリでしょう。


ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(2014/06/20)
ダニエル・カーネマン

商品詳細を見る

[タグ未指定]
[ 2014/10/27 22:03 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読了本No.34『命がけ南極に住んでみた』 (+練習日誌)

今日はスイム。

コースが混んでいたので、今日も距離稼ぎに勤しみました。

なぜか背泳ぎの調子が悪かったです。(タイム的に50mで2,3秒くらい遅かった)

約2時間で3600m泳いで終了。

背泳ぎ(計1200m)、平泳ぎ(計1100m)、バタフライ(計300m)でクロール(計1000m)でした。


では読了本の紹介を。

書名:命がけ南極に住んでみた
著者:ゲイブリエル・ウォーカー


命がけで南極に住んでみた命がけで南極に住んでみた
(2013/09)
ゲイブリエル ウォーカー

商品詳細を見る

【感想】
想像を絶する厳しい環境である南極に滞在するということ自体が命がけの行為なのでしょうが、本書の内容から考えると邦題『命がけ南極に住んでみた』はかなり的外れな気がしまた。もっと原題である『南極-親密なる肖像(ポートレート)』に近い題名にすべきだったのでは。

南極東部、中央部、西部の3部構成なのですが、第2部だけが異常に読みづらかったです。第2部では天文学と地球史がメインテーマとして取り上げられていて、自分にとって全くの未知の世界だったという点を割り引いても、です。なんというか、内容を完全には理解できていない人によって訳された文章って感じで、この第2部の途中で投げ出してしまいそうになりました。

とは言え、南極の厳しい自然環境やそこで行われている様々な研究について、南極と言えば必ず出てくるスコットやアムンゼンら冒険家たちのエピソードなど、結構楽しく読めました。

[タグ未指定]
[ 2014/10/20 20:10 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読了本No.33『口を鍛える韓国語作文 中級編』 (+練習日誌)

まずは練習日誌。

今日もスイム。

練習内容は昨日とほぼ同じ(平泳ぎのキックだけ無し)。

昨日、50mを48秒前後と調子が良かった平泳ぎですが、今日泳いで見たところ50秒前後と、元に戻っていました。悲しいけど、昨日速く泳げた理由が全く分からなかったので、まあ仕方が無いところです。

約2時間で計3000m。時間が少しかかりすぎてしまった感有りです。


読了本の感想を。

図書館で借りた韓国語のテキスト。

書名:口を鍛える韓国語作文 中級編
著者:白姫恩


口を鍛える韓国語作文―語尾習得メソッド 中級編 (CDブック)口を鍛える韓国語作文―語尾習得メソッド 中級編 (CDブック)
(2012/11)
白 姫恩

商品詳細を見る

【感想】
「~することになる」とか「~してみる」等の韓国語の75の表現について、各表現毎に8例文が、見開きで日本語⇒韓国語の順に羅列されています。

左頁の日本語を右頁の韓国語に訳していくという作業をひたすら行っていくわけですが、語学習得していく過程ではこの基本文型の例文暗唱はとてもに大事じゃないかと思います。

もちろん文法の学習も大切ですが、外国語を話せるようになるためには、「いかに反射的に口に出せる文章を多く持てるか」ということが重要であり、本書はそれを鍛えるためにとても有効だと思いました。

今回は図書館から借りたため、時間的な制約があって2回ほどしか繰り返せませんでしたが、暇をみつけては何度も何度も、それこそ反射的に口から出てくるまで繰り返すというのが本書の使い方かと。

本書のメソッド自体はごくありふれたものではありますが、良いテキストだと思います。個人的には新たに買って手元に置いておきたいと思ったほど気に入りました。

発音や文法等、一通り基礎的なことをやった方にお奨めしたいです。

[タグ未指定]
[ 2014/10/16 22:05 ] 読書 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。