Just Do It! (やってみなはれ)

練習日誌、読書感想、日々の出来事等々、雑多なテーマで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読了本No.35『THINKING, FAST AND SLOW』 (+練習日誌)

まずは練習日誌。

今日はスイム。

内容は相変わらず、背泳ぎと平泳ぎが中心で、プルやコンビなど各計1000m。

バタフライは100mx1本と50mx2本の計200mだけ。

約2時間で計3800m。

コースが空いて泳ぎやすかったので、ついつい長居してしまいました。



書名:THINKING, FAST AND SLOW
著者:Daniel Kahneman


Thinking, Fast and SlowThinking, Fast and Slow
(2012/05/10)
Daniel Kahneman

商品詳細を見る

【感想】
1日5ページも読めばお腹一杯になってしまうような貧弱な英語スキルなので、読み終えるのに1年以上かかってしまいました。(本書のボリュームは400頁ちょっと。)

ノーベル経済学賞を受賞したカーネマン博士による、行動心理学の本。人が陥ってしまう認知バイアスには様々なものがあり、またそれらの力がいかに大きなものかを、この本は教えてくれています。

本書を読んだからと言って、様々な認知バイアスを避ける事はできないかもしれません。しかしそれらバイアスの存在を知って理解する事で、これから直面する様々な問題に対して、よりニュートラルな正しい判断ができるようになることも可能でしょう。そういう意味では本書は、なかなか実用的な、”使える”本ではないかと思いました。

学者の本としてはかなり平易な文章ではないかと思いますが、あまり馴染みの無い語句が結構出てくるのは本の性質上、仕方が無いところかな。

邦訳もあるので、内容に興味がある方はそちらで読むのもアリでしょう。


ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(2014/06/20)
ダニエル・カーネマン

商品詳細を見る

[タグ未指定]
[ 2014/10/27 22:03 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。