Just Do It! (やってみなはれ)

練習日誌、読書感想、日々の出来事等々、雑多なテーマで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読了本No.36 『サラエボのチェリスト』 (+練習日誌)

今日もスイム。

今日はあまり疲れたくなかったので、インターバルトレーニングやバタフライ(他の3種目と違ってやっぱり疲れ方が違うのです。泳ぎ方に問題あるのかな?)は無しにして、気楽に。

とは言え、背泳ぎ(プルとコンビ各計500m)と平泳ぎ(コンビを計600m)中心なのはいつもどおりでした。

約2時間で計3000m

距離的には普段と同じでしたが、全て6、7割程度の負荷でしたので楽勝でした。


では読了本の紹介を。

書名:サラエボのチェリスト
著者:スティーヴン ギャロウェイ


サラエボのチェリストサラエボのチェリスト
(2009/01/22)
スティーヴン ギャロウェイ

商品詳細を見る

【感想】
セルビア人勢力の攻囲下にあったサラエボ。戦争犠牲者の鎮魂のために、ひとりのチェリストが統弾も恐れず、二二日間街路で“アルビノーニのアダージョ”の演奏を続けていた。無差別攻撃の恐怖に怯え、水や食料の欠乏に苦しむ生活を強いられる市民の耳に届いたチェロの音色は、はたして彼らに何をもたらしたのか?実話をもとに、極限状態におかれた人々の揺れ動く心を描きながら、「人はどこまで人として生きられるか?」「人はどれだけ美しく、誇り高く生きられるか?」という問いを真摯に追求し、世界各国で絶賛を浴びた感動作。(以上「BOOK」データベースより)

題材は良く、内容も文章も決して悪くないのですが、なぜか自分の中で響き渡るような何かを感じる事ができませんでした。加齢のせいで感受性が鈍磨してしまったのかもしれませんね。残念。

[タグ未指定]
[ 2014/11/06 17:57 ] 読書 | TB(0) | CM(2)
頑張られてますね~

私も3000mとか泳げるようになりたいです。
今は10mくらいですけど(笑)
[ 2014/11/07 12:10 ] [ 編集 ]
Re: 頑張られてますね~
カメザルさん

全力で泳いでいるわけではなかったので、実際のところ少々距離がのびてもそれほど体に負荷がかかるわけではないですし、なにより「慣れ」がモノを言います。

カメザルさんの場合、水と格闘されている今が一番大変(で大事)な時だと思います。自転車と同じようなもので、一旦マスターしてしまえば、あとは今の何分の一くらいかの努力で、体力の続く限りいくらでも泳げるようになりますって。

なので折れずに頑張ってくださいね!
[ 2014/11/08 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。